散骨がこれから増加する理由

お墓を維持管理してしていく事が、現在では益々難しくなっています。


お墓は家が継承していきますが墓守がいないと無縁墓になってしまいます。



お墓を購入するにもお金がかかりますし、墓じまいをするにも費用がかかります。

核家族や少子化が進み、働き方も変わって全国転勤や海外勤務がごく普通になっている時代です。

お墓を継続的に維持するのが段々と困難な時代になってきています。

散骨が注目されているのは、単に費用が安いからではでなく、お墓問題で遺族に負担をかけたくないとのご意向が第一の要因だと思われます。



散骨のもうひとつのメリットは、遺族に負担をかけないだけでなく、故人の意向に沿った場所を選べる事です。海や山など故人の愛した場所を選ぶことが出来ます。
海が大好きだったので故郷の海へ、山が好きだったので山へ散骨といったイメージです。


山の場合で遺骨を粉にして自然に還すのではなく、遺骨を樹木を墓石の替わりにして樹木の下に埋葬するのは樹木葬になります。



この樹木葬も年々増加しているようです。


樹木葬の場合は後々お墓参りができますが、散骨の場合は一般的な概念であるお墓参りは出来ません。親族全員が納得している場合はよいのですが、後でやはりお墓に埋葬したいといった親族が出てきても、全てを散骨して自然に還してしまっていたらどうする事も出来ません。トラブルを避ける為には、故人の意向だけでなく親族全員の事前理解や同意が必要になります。