散骨を行う意義と注意点

近年では、自分が望む人生の終わり方や葬式の方法、遺骨をどこに埋葬するかなどを、自分自身で計画する「終活」を行う人が増えています。



その中のひとつに、遺骨を散骨するビジョンを組み入れる人が増えてきていますが、これを実施するためには、そもそも散骨を行う意義や、注意点などを知っておく必要があるでしょう。



散骨とは、自分の遺骨を粉状にして、森や海などの自然に撒くことをいいます。


たとえば、海が好きでよくサーフィンや釣りをしに海を訪れていたのであれば、思い出深い海に遺骨を撒くことなどが挙げられます。

遺骨を納骨するよりも費用が安く済むことが多く、またなんといっても本人の願いが叶うという点で、大きな意義を有します。
ただし、遺骨を撒くという性質上、事前にしっかり準備していないと、様々なトラブルの原因になり得ます。
当然ながら、どこでも散骨することを許可したのであれば、そこら中が遺骨だらけになってしまい、それらに無関係の人々はいい気分ではないでしょう。
そのため、散骨することを考えている場合には、事前にその土地を管理している人へ相談したり、自治体などに申し込みしたりと、入念な準を欠かさないようにしましょう。

遺骨を撒くことはやり直せないので、失敗することは許されないし、なにより本人の願いが叶わなくなります。



そのため、本人はもちろんのこと、周りの人も一緒になって、しっかりと準備することが非常に大切だといえるでしょう。